FX取引会社

FXを未成年でもはじめてみたいならこの方法がおすすめです!

FX会社を選ぶ基準

初めてFX取引を始めようと考える方には、まずどの会社で口座を作るのかが悩みでしょう。

 

最近インターネットでは、色んな比較サイトがあって、約定率の高さ、通貨ペアの豊富さ、スプレッドの小ささなどを主張する広告や専門用語ばかりです。言い換えると、初めて車を持つ人に、エンジンの加速力や、馬力を説明すると同じで、あやふやでわからないでしょう。では、いったいどんな基準で会社を選れべば良いのでしょうか?

 

初めて車を購入する時を思い出してください。おそらく皆さんは最初に思いついた言葉は、「安全」と「燃費」だと思います。

 

FX会社の選定も同じです。
自分のお金を預けるところですので、万が一のことを想定しなければなりません。

「安全」

現在ほとんどの会社は、顧客の資金を100%信託保全の措置をとっていますが、これはあくまでも預かる証拠金のことです。

 

取引開始後、作ったポジションに関しては、強制手仕舞いされるケースが多いです。もちろん中には、他の会社に移管することも可能ですが、移管時のレートで損失が発生することもあります。

 

では、どんな基準で「安全」な会社を見極られるでしょうか?

 

実は、現在普通のFX取引会社、いわゆる店頭取引を運営するところと並び、東京金融取引所があります。東京証券取引所と同じ金融所所轄の取引所で、FX取引も上場されています。クリック365と名づけた商品です。

 

金融商品取引所の会員になることは、一般の金融取引行登録の会員になることよりハードルが高いので、健全な経営基盤を持つ会社しか参加できません。ゆえに、クリック365という商品を扱っているFX取引会社が優先的に考えましょう。

 

ただ、クリック365という金融商品自体が取引所取引なので、商品設計上柔軟性が店頭取引より欠けます。あくまでも、会社の選定基準として使うだけです。クリック365を扱っている会社の店頭取引をお薦めします。

「コスト(燃費)」

次に、重要なのはコストです。
手数料無料は、もはや今のFX取引のスタンダードとなりました。ただ、別の潜在コストがあります。知識を勉強するためのコストが、そのひとつです。ゆえに、講習会やオンラインセミナを頻繁に開いてくれる会社がいいでしょう。

 

また、初心者にとっては、24時間のサポートホットラインも必需です。

以上が、FX取引会社を選定するにあたってどうしても譲れない2点です。
後は口座を開いて、FX取引に慣れてきたら、自分の取引タイプに一番ふさわしい会社を選択しましょう。

 

PAGE TOP